仙台市の市民は熱心に街づくりをしています

仙台市は、宮城県の県庁所在地であるばかりでなく、政令指定都市でもあり、そして東北地方では最大の都市でもあります。市の人口は約107万人で、宮城県民全体の46%が生活しています。宮城県というのは、東北地方では最も面積が小さいこともあり、人間が住みやすい仙台平野に宮城県民の大半が居住しています。ですから、平野の中心である仙台市への一極集中現象が起こりやすいのです。2004年には、プロ野球球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」が生まれました。このことによって、仙台のみならず、東北地方全体からの集客力が向上したことは、同地の消費力を高めた大きな原因となっています。事実、経済効果をもたらし、各企業は仕事が増大したことで人手不足が起こり、スタッフ確保のために、急きょ、バイトを雇うなどして対応をしているほどです。こういった地域の取組みが現在の仙台市を作っているのです。そして、今後の仙台市も、地元の市民の熱い思いのもと、ますます繁栄していくに違いありません。